読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

自炊を1か月続けて分かったこと

一人になってまもなく一か月が経ちます。旅行時を除いて一か月間一切外食せず、すべて自炊で乗り切ることができそうです。

はじめて自炊をして、この一か月で分かったことを書いていこうと思います。

くず米を鳥に食わせるのは勿体なすぎる

私の主食はくず米と大豆です。

rokujo.hatenadiary.com

品質には不安がありましたが食べてみるとほぼ玄米と変わりませんでした。単に粒が小さくてモミガラ・雑穀が混ざっているだけにすぎず、中身は普通のコメでした。

これをザルにかけて細かいゴミを振るい落とした後、フライパンで乾煎りしてから炊くとめっちゃ美味しいのです。


http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?auccat=&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&fr=auc_top&p=%E3%81%8F%E3%81%9A%E7%B1%B3&x=0&y=0

供給が安定しているのかどうか怪しいのが欠点ですが現時点でも20kg1600円程度で何点か出品されています。「鳥のエサ用」「食味が劣ります」などとクレーム防止用の脅しがありますが嘘です。玄米を食べ慣れた人なら余裕でいけます。

 

豆は炊飯器が一番柔らかく炊ける

豆料理の本を買ったりいろんな料理に豆を投入してみましたが、水に一晩浸してから調理してもあまり柔らかくなりません。相当長時間煮れば柔らかくなるのでしょうが、ガス代を考えると効率が悪くなります。

柔らかくないということは吸収に問題があり、せっかくの高タンパクに全く意味が無くなってしまうということです。結局、炊飯器でコメと一緒に炊くのが一番柔らかく、吸収率が最も高い(と思われる)という結論に落ち着きました。いまでは3食豆ごはんです。

 

味噌汁は万能

野菜は煮るのが一番楽です。煮物の代表と言えば味噌汁。引っ越す前から分かっていたことなのですが、味噌汁には基本的にどんな野菜でも投入できます。安い野菜をまとめ買いして使い道に困っても、味噌が全てを包み込んでくれるのです。最近では適当に野菜を切って3食分の味噌汁を作り、1日かけて食べるのが日課になっています。味噌汁はダシを多めにすれば醤油や塩が要らないので、煮ものと比べて塩分が控えめで済むという利点もあります。

 

パスタに重曹を投入するとラーメンになる

麺類で一番安いのはパスタです。近くの業務スーパーで500g税抜89円税込96円。1食あたり20円弱で済みます。しかしパスタは味噌汁や煮物の残りに投入できない、ソースが必要で高い、という欠点があります。そこで見つけたのがこの方法です。

cookpad.com

食用の重曹は大抵のスーパーのお菓子コーナーにあります。業務スーパーにも50g60円くらいでありました。最近では腹の減った日に味噌汁を若干増量してガラスープの素を少々入れ味噌ラーメンもどきを作り、ラーメンライスとして食べることが多いです。

 

シャトルシェフなしでは暮らせない

料理にあまり手間をかけたくない人におすすめなのがこれです。

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 1.6L アプリコット KBF-1600 APR

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 1.6L アプリコット KBF-1600 APR

 

シャトルシェフは魔法瓶と鍋を一体化させたものです。中身を沸騰させた鍋を放り込むと90度以上の水温をしばらくの間保ってくれるという逸品です。優れている点は3点。

・沸騰後はガスが要らないのでガス代が節約できる

・保温中は決して沸騰しないので吹きこぼれる心配がない。放っておける

・長時間の煮込みに使える

これによって例えば上の方法でラーメンを作るなら、重曹を放り込んだ時点で火を止めてシャトルシェフに入れて10分遊んでいるとラーメンができています。うどんやそばなら汁に入れて沸騰させて放っておくだけでカップ麺のようにできあがり、ということだってできます。

味噌汁も煮物も楽勝です。

野菜を切る→鍋に入れる→沸騰→シャトルシェフに突っ込む→気が付くとできてる

というコンボを多用しています。麺類よりも煮物に使うことが多いです。もはやこれなしでは暮らせません。

 

イオン、ヨーカドーは高い

1か月の間大規模スーパー、小規模スーパー、八百屋など様々な店を見て回りました。店の数は多いのでいまでも開拓中です。スーパーはどこも広いので値段を全部見られたわけではありませんが、おおむね次のような傾向を見て取ることができました。

・大規模スーパーは総じてなんでも高い。特にイオン、ヨーカドー。試食はおいしい。

・スーパー密集地の小規模スーパーは野菜類が安い。ときどきキャベツ1玉47円大根1本48円など捨て値で売るときがあり、狙い目。

・八百屋も小規模スーパーに匹敵する安さの店がある。

・スーパー密集地のドラッグストアは卵や牛乳が安い。差別化を図っていると思われる。

・ロピアとオーケーは大規模だが例外。総じてなんでも安い。

業務スーパーは牛乳、卵、野菜以外のものなら異常に安い。圧倒的に最安値。特に調味料、大豆製品、乾物、粉、麺、冷食が安い。買わないけどパンも安い。牛乳、卵、野菜は神戸物産から提供されていないので価格は店舗によって異なる。

小田急OXや成城石井は問題外。たかすぎる。安い店の1.5~2倍はする。

・肉と魚は買わないので知らない。

以上のことから私は野菜を小規模スーパー、卵と牛乳をドラッグストア、それ以外は業務スーパーで仕入れています。

家から4.5kmほど離れた所に卸売市場があるとわかりました。野菜をここで仕入れると安くなるかもしれません。しかし自由に動ける日曜日は市場が休みであること、朝10時には市場が閉まってしまうことがネックです。一度は必ず行ってみようと思いますが、朝はなかなか時間が取れません。

 

サプリは要らない

低価格で毎食野菜を山ほど盛ることができるのでサプリは必要ありません。引越前に2か月分くらい買ってしまったのですがもう必要なさそうです。

 

自炊美味しすぎる栄養あり過ぎる

最も重要な点です。何を作ってもめちゃめちゃ美味しいです。原料が安くても味にそこまで影響を及ぼしません。もう弁当なんて買えません。もちろん栄養価も高いです。1か月間、混んでる電車やらスーパーやら人混みの中にしょっちゅう入りましたが風邪一つ引きませんでした。