読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

CDレビュー: DakhaBrakha - Light(2010)

★★★★★

 

自称エスノカオスの名は伊達じゃない

ワールドミュージック枠に4枚ほど最近気になったアーティストのDakhaBrakhaを投入します。キリル文字ではДахаБрахаと書きます。ロシア語は昔から憧れていましたのでこの文字も勉強したいです。いいジャケット。

DakhaBrakhaはウクライナのフォーク4人組です。公式サイトでは自分たちを"ethno-chaos"(民族カオス?)バンドと呼んでいます。バンド名はウクライナの古い言葉で give/take という意味だそうです。ウクライナ音楽をルーツとして、インドやらオーストラリアやらいろんな民族音楽をミックスして、彼ら独特の現代的な味付けを加えるというとても変わった作風を持ちます。なおメンバーは全員キエフ大学の文化芸術科の卒業生だそうです。

1曲目Сухий дуб(よめない)からしてスゲェ変です。バンドネオンとどこのものか分からない打楽器、ウクライナの古代語?と思われる謎語りにトランスを誘うコーラスが薄気味悪い雰囲気の中で展開されます。2曲目Specially For Youも中盤の男声シャウトによるクライマックス部分は今までに聴いたことが無いような異様な曲調です。

4曲目Жаба(よめない)のような曲はいいですね。ノリノリの中に一種のやさしさのようなものが見えます。とても心地よい。5曲目Тьолкиはまさかのヒップホップです。民族楽器とコーラスのせいで高揚感あふれた音楽になっています。

真打は7曲目Babyでしょう。前半のライトな感じに騙されていると突然ウクライナ語による無表情に次々と畳みかけられるヴォーカルが出現し、背後に現代的な和音展開の群れと気持ちの沈む弦バスに何故か切ないエレピを混ぜ、さらにソウルフルなサイドヴォーカルが加わってついでにハーモニカも加えたりなんかしてもう何だかわからないのに聞いている方は追いつめられるというスゲェ曲です。

www.youtube.com

 

面白いアーティストを知ることができました。いろいろ手を出してみるというのはいいことですね。

 

 

ワールドミュージックの他のCDレビューはこちらです。

rokujo.hatenadiary.com