読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

愛情、感情はニセモノか

ぼくは高校時代に演劇部に所属していた。成功体験には乏しく演技に苦手意識がついた。元妻には「演技をするな」と頻繁に言われていた。わざわざ苦手な演技なんかしたくない。それでも元妻には、ぼくがどんな反応をしてもオーバーリアクションで、わざとらし…

口答えしたな

返事はハイでしょ - 六帖のかたすみ うっかり言い訳とみなされる言葉を発すると「また言い訳したな!」という言葉と共に堰が切られ、直接関係のない「××人」などの罵倒語を次々に浴びせられた。 言い訳、はある日「口答え」にグレードアップしたことを思いだ…

一体化

DV被害者にとって最も生きやすい方法は、加害者と一体化することだ。加害者になれば、被害者にならなくていい。自分がまるで加害者と同じものの考え方をするように振る舞えばよい。 ぼくには、真似しかできないという特性がある。ぼくの思考様式は、今までに…

耐えられる

ぼくはストレス耐性が高い。よっぽどのことがないと、心身症は出ない。 多摩ニュータウンで暮らしていた時、ある日の夕方に家族全員分の布団を敷きながら、激しい腹痛に襲われたことがある。 引越と食費のせいで慢性的に金がないのでぼく自身に医療費をかけ…

疑問を持たないこと

疑問をもってはいけなかった。疑問を持つと、その質問をすること自体がおかしい、とねじ伏せされた。 言葉として発されない疑問はいつまでも疑問のまま残る。疑問を積み重ねて放置すると腐敗して脳が苦しい。 疑問は少ない方がいい。イエスマンは楽だ。いい…

返事はハイでしょ

ぼくは生活の中でよく失敗をして、元妻に怒られた。怒るだけならいいのだが、元妻は人格攻撃も同時に行う。元妻は「人格を否定しているのではなくて、起きたことにそれ自体対して怒っている」と言っていたが、嘘だ。 ぼくが間違いを指摘して「それは違う」と…

勉強をするなと言われて

元妻には学歴コンプレックスがあった。 ぼくは元妻と出会ったとき、トーダイ生だった。組み合わせが初めから間違っていた。 トーダイ生と聞くと誰でも怖気づく。一言一言に深淵な意味があると思ってしまうらしい。しかしぼくの経験上、トーダイ生は半分以上…

私の方がうまくできるのだから

ぼくが家事をやらせてもらえなかった理由は元妻のゆがんだ完璧主義によるものでした。 洗濯物を干す順番と方向、裏返す時間、取り込む時間、畳み方、タオルを重ねる順番などなど一々すべてに注文がありました。ぼくは細かい手順を覚えるのが苦手で、しかも毎…

罵倒と部活

最近軽いフラッシュバックのようなものが起きました。ちょっとしたパニックです。フラッシュバックという概念が今までなかったので、意識したのは初めてです。頭に浮かぶ風景は中学時代の、廊下と職員室でした。 中学時代、吹奏楽部に入っていました。中学の…

パキシルで射精障害になると

ぼくは21歳の時引きこもっていて、パキシルを飲んでいました。 パキシルの副作用【医師が教えるパキシルのすべて】 服用している方は知っているかと思いますが、パキシルを飲むと射精するのが難しくなります。 勃起はしますが出ません。 出すには手で強い力…

DVだったらしい

時間が経ったことですしもう一度冷静に振り返りました。今日だけ敬体をやめます。 ・私は発達障害なので空気や状況を読まないことを言う。それは元妻の癇に障る。精神的に執拗に追い詰められ何度も自傷行為をした。自分の頭を叩いたり物を自分にぶつけたりし…

振り返り 悪い見本

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 当面の金の心配はなくなりましたが将来的な金の心配が持ち上がってきました。今の仕事は保守が中心で将来性が無く、技術力も大して必要としません。したがってクビになるか会社が倒産するかすれば私の就職先はありません。…

振り返り 地元、試験、袋小路、親、引っ越し

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 私が地元に予告もせず押しかけ追跡の中止を求めると「当然のことをしている」と全く悪びれないどころか久しぶりに顔を見られてうれしいという始末でこちらもやる気がなくなりました。私の怒りは借り物に過ぎませんでした。…

幻想について

ちょっと脱線します kutabirehateko.hateblo.jp 面白い記事でした。 はてなブログに移行して半年程度、記事を書く前に表示されるトップページには注目記事が表示され、恋愛工学などモテ関連の話題がしばしば上位に上がります。その中でも私は「男らしさ」「…

振り返り 借金生活~引越生活

前回記事 rokujo.hatenadiary.com お金が無くなったのでキャッシングで生きることにしました。Kはバブル期に大量に作ることができたキャッシングカードを持っていました。私はプログラマーのバイトの口を見つけ、収入が増えました。しかし大学はあきらめられ…

振り返り 21歳(2)

前回記事 rokujo.hatenadiary.com ここから先はどこまでオープンにすればよいのか判断がつきかねますが、自分のためなので、おおむね事実を書きます。 Kとは話が合い、そのまま交際することとなりました。しかし私はこの時に限ってトーダイ生であること(勉…

振り返り 21歳(1)

前回記事 rokujo.hatenadiary.com ラグナロク漬けになって半年経ち操作やルールにも慣れ、上級職に転職することができました。サークルは綺麗ごとばかりで嫌になってきたことと会計の役職を押し付けられそうになったことから、春の合宿に参加したのを最後に…

振り返り 20歳

11/26 トーダイに書き換えました 11/29 Hさんの言及を忘れていたので加筆 前回記事 rokujo.hatenadiary.com トーダイに入った私は増長しました。周りもみんな増長していました。開成とか麻布とかトーダイに行ってアタリマエの人間を除くと、トーダイは地方の…

振り返り 高3~浪人

11/26 トーダイに書き換えました 前回記事 rokujo.hatenadiary.com 3年生になり私は兼部していたパソコン部の部長をやらされることになりました。肩書だけの存在で私は演劇部の活動がメインでした。しかし部長として新入部員にスピーチしろと言われたときは…

振り返り 高1~2

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 田舎の公立トップ校に入りました。東大に年間1ケタ合格する程度で、首都圏の日比谷浦和湘南などから見ればしょぼいレベルの高校です。トップ校に入ったことは長期的に私を無意識下で尊大にしていきます。そもそも高校に入っ…

振り返りの目的

なぜつまんねぇ自分史を書いているかと言うと、来月上旬くらいに家族と別れて一人になることが決定したからです。家族とは別れます。このまま、絶縁している実家とも和解せずに一生孤独で過ごすつもりです。再婚も一生しません。老いても子供に世話してもら…

振り返り 中1-3

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 塾をやめたので公立の中学校に進みました。田舎ですので適度に荒れています。荒れるのを防止するために、全員が強制的に部活動に加入させられます。私は小学校時代に運動に劣等感を持ったので、文化部しか居場所はないだろ…

振り返り 小5-6

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 小5~小6あたりから記憶がポツポツ残り始めます。 私は小4くらいから(いつからか曖昧)?徒歩10分くらいのところに住んでいたO君の家に入り浸っていました。8割くらいの確率でN君もやってきて、3人でいつもゲームをしてい…

振り返り1 ~小4

前回記事 rokujo.hatenadiary.com 私が自分について知っていることは、断片的な記憶の集合体です。ふつう自己像というものは脊髄の通った太いストーリーがあって、そこに個々のエピソードがぶら下がっている物だと考えます。発達心理学の分野では「~期」の…

自分の人生を総括する必要が出てきた

私は一般人から見ると、一見3児の父に見えます。 でも法律的は2児の父で、住民登録的には何故か独身で、戸籍的にはバツ2(3?)です。 家族とは同居していますが、名目的にも実質的にも父でも夫でもありません。おそらく子にとって私は、同居中の叔父さんく…