読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

はてなからWordpressへの移転

(追記)引っ越しました。http://rokujo.org/ 2016年6月頃から、はてなブログ・はてなダイアリーでは、はてなにとって都合の悪いサイトに黙って <meta name="robots" content="noindex,nofollow"/> というタグをぶち込んで、検索エンジンの検索対象外にしているそうです。 s-supporter.hatenablog.jp d.hatena</meta>…

outlookのアイテムからヘッダ内容を読み込む

メモoutlookをC#から操作するとき、メールのヘッダ内容だけ読み込みたいことがありますが、outlook付属のインターフェースにはヘッダを表すプロパティがありません。 長い時間をかけて調査したら、次のサイトが引っかかりました。 [Solved] Outlook add-in i…

書籍レビュー: 『すぐに役立つ 少額訴訟・支払督促のしくみと手続き実践文例56』

★★★★☆ 60万円までの金銭請求までしかできないけれど、1回で審理が集結してその場で判決が出る、上告もできない超スピード審理が特徴の「少額訴訟」を解説した本です。 裁判費用は最大でも1万円で弁護士も必要なし。訴状を出したら、書記官さんがこういう資料…

書籍レビュー: 『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』 永田カビ

★★★★★ レズ風俗のレポというよりも、作者の心象風景がメインとなる作品です。 人生で一度でも挫折の経験がある人は、彼女の根底にある真っ暗なものとシンクロして、心が揺さぶられるのではないかと思います。個人的には、以前自己評価がマイナスになっていた…

近況

6月末からパートナーにとって辛い出来事がいくつも押し寄せ、滝のように毎日が流れていきました。2か月間ずっと、パートナーは体調がよくなったり極端に悪くなったりを繰り返しています。彼女の病気はほとんど心因性ですので、ストレスが原因です。酷いこと…

覚書

基本機能:縦書き表示、スタイルシートをリアルタイム適用、epub読み込み・書き込み 執筆者向け機能:表記ゆれチェック、数字の表記チェック、語句の一括変換 編集支援機能:チャット、強調表示、メモ できたらいいな:原稿をサーバー上で一括管理、差分表示…

Windows + CakePHP3 でMySQLを動作させるまで

開発がしたくてフレームワークなるものを初めて触ったので、それなりにメジャーっぽいCakePHPというものをインストールしてみました。 ブックマークチュートリアル 公式サイトの↑に従って、 getcomposer.org まずこれをインストールして、 Composer Windows …

被害者も被害者を利用する

性暴力サバイバーも他人を利用する、という事件に巻き込まれた。 はじまりは、被害者からの依頼で、@noiehoieの性暴力に関する7月15日発売の週刊金曜日の記事を拡散してほしい、という内容だった。パートナーは微力ながらもブログで取り上げて、大きな問題に…

@sbsnbun に裏切られた

金曜日にあるオフ会に行ってきました。 主催者@sbsnbunはパートナーのc71が恩義を感じていた人なので、ぼくも好きになろうと思いました、彼女は大事にしていた新品のネックレスを、ぼくはキャッシングで借りた1万円をプレゼントとして渡しました。 c71は心身…

家族の心を死なせた

ぼくはパートナーであるc71に傷を負わせました。 セカンドレイプの追認をしました。 c71.hatenablog.com c71.hatenablog.com c71が @psychi に「どこまでやったら許すんですか」「もし、謝ってきたら許すんですか」「強いですね」と個人攻撃されているのを、…

書籍レビュー:「普通」が差別を生む 『非婚の親と婚外子』 編:婚差会

★★★★☆ 日本国では、婚姻関係にない男女から生まれた子は民法で「非嫡出子」として扱われます。法務省編の戸籍法の解説書には「非嫡出子は、正常でない家族関係における子」と記述されています(法務省民事局内法務研究会編「改正国籍法・戸籍法の解説」1995…

書籍レビュー: 血よりも関係性『ラブ・チャイルド』 編集:福島瑞穂

★★★★★ 1991年出版の本、編者は元社民党党首の福島瑞穂さんです。彼女が国会議員になる前の著作ですね。福島さんは弁護士の海渡雄一さんと事実婚で子供を産むという選択をしています。話がそれますが「事実婚」という言い方は「婚姻」に囚われていて嫌ですね…

書籍レビュー: わかりやすく情報も的確 『図解 よくわかる大人のADHD』 著:柳原洋一、高山恵子

★★★★★ ぼくは小学校の時多動でした。授業中にはじっとしていないし、質問される前に答えをすぐ言ってしまうこどもでした。運よく、小学校の担任が多動を面白がってくれる教師だったので、嫌な思いはせずにすみました。 中学校に入って多動は治まっていたと考…

清算、車、大波

過去に関するものを捨てています。近々、電話・家・名前の3つを捨てます。 元家族に番号を知られている携帯電話を今月末で解約します。来月の頭には貧乏生活をしていたときのアパートを完全に引き払います。荷物は、よくない思い出が詰まっているので大部分…

書籍レビュー: 社会リズムを安定させる『対人関係療法でなおす 双極性障害』 著:水島広子

★★★★☆ 双極性障害は概日リズムに大きな影響を受けます。一度睡眠不足になると大抵は躁の症状が出るので、睡眠時間の確保が重要となります。 本書はさらに「社会リズム」という概念を導入し、転居・トラブル・人間関係のストレスなどをリズムの乱れとみなして…

書籍レビュー: 自傷は戦いの履歴だ『自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント』 著: 松本俊彦

★★★★★ ぼくには自傷について「他人にアピールするためもの」という偏見がありました。間違っていました。 著者の考える自傷の定義は次の通りです。 「自傷とは、自殺以外の目的から、非致死性の予測をもって(「このくらいであれば死ぬことはないと予測して…

書籍レビュー:『双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本』 著:加藤忠史

★★☆☆☆ 初めて知る人にはいいと思いますが通り一遍のことしか書かれておらず新しい知見を得ることができませんでした。躁状態にあまりスポットが当たっていないことと薬の情報が全然ないことが不満です。 こちらをお勧めします rokujo.hatenadiary.com

ケガをしたことと、負担をかけたこと

10日ほど前に大ケガをしました。ランニング中に脳貧血で倒れ、意識を失っているうちに顎を強打し血がボタボタ垂れて救急車で運ばれました。強く噛み合わせたせいで奥歯が2本欠けて顎関節にヒビが入りました。幸いにも予後がよく、顎の傷も顎関節もほぼ治り、…

書籍レビュー:人体図がほしかった『図解 ホームマッサージ―すぐに使える部位別・症状別・セルフマッサージ』

★★★★☆ 地味な本ですが当たりでした。マッサージの基礎と人体への効用、軽擦法(なでる、さする)・揉捏法(押す、もむ)といった指や手首の使い方を簡単に解説した後は、90か所ほどの大量のマッサージ方法が図解されています。 図は写真にマッサージ個所と力の…

不安だからといって他人を攻撃するな

昨日、神奈川の旧居に泊まることになり小田急線で西に向かっていた。夜遅く終電に近い列車で、平日夕ラッシュほどではないが混雑していた。 隣に、ジャマイカ人風(レゲエ帽をかぶっていたので)の推定50代のおじさんが立っていた。目に力があり、佇まいもカ…

みんなどうやって生きてるんだろう

前の家では門限が15時だった。元妻はこどもを早く寝かせるためと言って、15時に夕食を摂るためだった。 用事で15時を回りそうになると「蚊が入ったらどうする」などといやがられた。元妻は蚊にこどもが刺されることをおそれ、執念のように蚊を避けた。マンシ…

公園に行ったら

放送大学の教材など読まなければいけない本が溜まっているので、今日は天気も良いし読書しようと公園に出かけた。 公園の中央にある芝生広場では沢山の親子連れがいて、ボール遊びなどを楽しんでいた。こどもの年代は推定1-2歳が中心で、壊れそうに小さくて…

ピアノ

前の家にはピアノがあった。アップライトピアノで、幅は1.5mほど。お金がなくて調律ができず、1/4音ほどずれている鍵盤もあった。前の家で過ごした11年間のうちはじめの3年間はピアノの弾けないマンションに住んでいたため、楽器はあっても音が出せなかった…

愛情、感情はニセモノか

ぼくは高校時代に演劇部に所属していた。成功体験には乏しく演技に苦手意識がついた。元妻には「演技をするな」と頻繁に言われていた。わざわざ苦手な演技なんかしたくない。それでも元妻には、ぼくがどんな反応をしてもオーバーリアクションで、わざとらし…

口答えしたな

返事はハイでしょ - 六帖のかたすみ うっかり言い訳とみなされる言葉を発すると「また言い訳したな!」という言葉と共に堰が切られ、直接関係のない「××人」などの罵倒語を次々に浴びせられた。 言い訳、はある日「口答え」にグレードアップしたことを思いだ…

一体化

DV被害者にとって最も生きやすい方法は、加害者と一体化することだ。加害者になれば、被害者にならなくていい。自分がまるで加害者と同じものの考え方をするように振る舞えばよい。 ぼくには、真似しかできないという特性がある。ぼくの思考様式は、今までに…

耐えられる

ぼくはストレス耐性が高い。よっぽどのことがないと、心身症は出ない。 多摩ニュータウンで暮らしていた時、ある日の夕方に家族全員分の布団を敷きながら、激しい腹痛に襲われたことがある。 引越と食費のせいで慢性的に金がないのでぼく自身に医療費をかけ…

疑問を持たないこと

疑問をもってはいけなかった。疑問を持つと、その質問をすること自体がおかしい、とねじ伏せされた。 言葉として発されない疑問はいつまでも疑問のまま残る。疑問を積み重ねて放置すると腐敗して脳が苦しい。 疑問は少ない方がいい。イエスマンは楽だ。いい…

何がわからないのかわからない

弁護士と警察に相談したことで、元妻に受けた精神的な支配を克服することはできた。しかし、11年間の間に反復した習慣が取れなくて困っている。 返事はハイでしょ - 六帖のかたすみ 元妻に1秒以内に返事をしなければいけないと怒られる、というプレッシャー…

返事はハイでしょ

ぼくは生活の中でよく失敗をして、元妻に怒られた。怒るだけならいいのだが、元妻は人格攻撃も同時に行う。元妻は「人格を否定しているのではなくて、起きたことにそれ自体対して怒っている」と言っていたが、嘘だ。 ぼくが間違いを指摘して「それは違う」と…

電子書籍を作ります

DVをうけた男性の体験について書きます。自閉症スペクトラムについても大きな要素の一つですので、書きます。 しばらくの間、草稿を兼ねて過去のことを書いていきます。 〆切は7月末です。自分を追い込むためにコミットメントしました。

窃盗が成立しなかった

rokujo.hatenadiary.com 窃盗の件で被害届を出しに警察署に向かった。警察署に行くのは中学生時代に自転車事故を起こしたとき以来で約20年ぶり、自ら被害を訴えに行くのは初めてのことだった。 捜査第三課の窓口を訪れ、警官さんに、離婚した妻にクレジット…

元妻の窃盗

4月20日にamazonで買い物をしたら、4月21日の朝に「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」というメールがamazonから届いていた。 おかしいと思いクレジットカードの明細を見ると、限度額いっぱいまで身に覚えのないキャッシングとショッピングの…

勉強をするなと言われて

元妻には学歴コンプレックスがあった。 ぼくは元妻と出会ったとき、トーダイ生だった。組み合わせが初めから間違っていた。 トーダイ生と聞くと誰でも怖気づく。一言一言に深淵な意味があると思ってしまうらしい。しかしぼくの経験上、トーダイ生は半分以上…

私の方がうまくできるのだから

ぼくが家事をやらせてもらえなかった理由は元妻のゆがんだ完璧主義によるものでした。 洗濯物を干す順番と方向、裏返す時間、取り込む時間、畳み方、タオルを重ねる順番などなど一々すべてに注文がありました。ぼくは細かい手順を覚えるのが苦手で、しかも毎…

罵倒と部活

最近軽いフラッシュバックのようなものが起きました。ちょっとしたパニックです。フラッシュバックという概念が今までなかったので、意識したのは初めてです。頭に浮かぶ風景は中学時代の、廊下と職員室でした。 中学時代、吹奏楽部に入っていました。中学の…

理解したい

rokujo.hatenadiary.com ぼくの今後の人生の目標は彼女をぜんぶ理解することです。理解して受け入れることです。知り合ってからごく短期間しか経っていませんが、不思議なことに、前知識何もなしで直感的に理解できることが驚くほど多いので、ぼくならできる…

パキシルで射精障害になると

ぼくは21歳の時引きこもっていて、パキシルを飲んでいました。 パキシルの副作用【医師が教えるパキシルのすべて】 服用している方は知っているかと思いますが、パキシルを飲むと射精するのが難しくなります。 勃起はしますが出ません。 出すには手で強い力…

好きな人がいます

書こうかどうかずっと迷っていたのですが、書かないと今の気持ちを残しておくことができないよ、と言ってもらったので、書きます。 好きな人がいます。 家を出る前からほのかに憧れていた人でした。頭の出来がぼくと違いすぎるので、遠い雲の上の存在だと思…

仕送りを裁判所基準にして生きる

元家族に送る仕送りの金額を常識的な金額に減らすことにした。 養育費は裁判所のサイトに詳しい数字が出ている。 裁判所|養育費算定表 ぼくの年収、向こうが働いた場合の想定年収を勘案するとこの表では6~8万円の枠に入る。 いま送っている金額はこれを数…

書籍レビュー: 実務寄りでバランスの取れた入門書『躁うつ病はここまでわかった 第2版』 編:加藤忠史

★★★★★ ここのところ仕事が詰まっていて時間が取れませんでしたが何とか読めました。 躁うつ病の簡単なイントロから薬物、治療法、体験記とQ&Aからなる躁うつ病の入門書です。編者の加藤先生が書いている「躁うつ病の原因はどこまでわかったか」「躁うつ病Q&A…

塾をやめました

月曜日に教室長に電話して、やめる旨を伝えました。 塾講師、授業に3回しか出てないけど教室長になんとなく感じていた違和が決定的になった。生徒に対してイニシアチブを取り、自分の手法に沿わせるやり方。自主性を無くしてコントロールするやり方。 — 六帖…

世界が戻ってきた

うどんに投入する天カスを買いにローソンストア100へ行きました。100ローは私のような金のない単身者にとっては食材の量がちょうどよく使いやすい店で、調味料や野菜などよく買い物をします。 小さい食品の並ぶ棚を見て歩きながら、前の家にいたときは、自然…

書籍レビュー: わかりあえてない『一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために』 著:カトリン・ベントリー

★★☆☆☆ タイトルに惹かれました。 オーストラリアに旅行中だったスイス人の著者カトリンとオーストラリア人のギャビンが出会い数日で恋に落ち、結婚したところから物語が始まります。 著者の夫ギャビンは天才型のスペクトラム星人です。会計の仕事も投資も超…

DVだったらしい

時間が経ったことですしもう一度冷静に振り返りました。今日だけ敬体をやめます。 ・私は発達障害なので空気や状況を読まないことを言う。それは元妻の癇に障る。精神的に執拗に追い詰められ何度も自傷行為をした。自分の頭を叩いたり物を自分にぶつけたりし…

生活向上なるか

新しいバイト先の個別指導塾では教室長が突然の仕事をどんどん回してくるので昨日は仕事の時間が1.5倍に伸び1日で約5000円を稼ぐことができました。クラウドワークス1か月分より多い金額をもらった。。本業に支障の出ない範囲で力を尽くそうと思います。 生…

書籍レビュー: よくわからなかった『よくわかるパニック障害・PTSD』 著:貝谷久宣

★★☆☆☆ 恥ずかしながらほとんど知識がないので入門書っぽいものをセレクトしました。 パニック障害についてはこれといった原因は分かっていません。人間が恐怖や不安から回避するための機能の誤作動と考えられています。まだ仮説の段階です。動悸・息切れ、過…

書籍レビュー: たぶん当事者専用『無限振子 精神科医となった自閉症者の声無き叫び』 著: Lobin H.

★★★★★( ˘•ω•˘ ) 表紙買いです。この表紙すごく気になりました。 この本には呼ばれていたのだと思います。自閉症関連の本では現時点で最強です。 著者のLobinさんはカナー型自閉症かつ高機能、なんと精神科医です。プライバシー保護のため仮名にされているの…

書籍レビュー: 10回読めば金融脳 『国際金融入門』 著:岩田規久男

★★★★☆ 黒字主体から赤字主体へお金を融通するという金融の超基本からはじまり、円高・ドル安の意味や固定相場制・変動相場制の意義に20世紀以降の簡潔な金融史までを含んだ超高密度な国際金融の基本書です。 経済学を学んだことのある人からしたら神レベルの…

クラウドワークスやめました

塾の仕事も決まったことですしライターの仕事は今日辞めました。けっきょく3週間で3記事しか書けませんでした。 伝説のサッカー選手が人生を変える映画『エリックを探して』|PUUL(プウル) 知的なスラッシュメタル、メガデスを知るならこの3枚!|PUUL(プウ…