読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

家族の心を死なせた

ぼくはパートナーであるc71に傷を負わせました。

セカンドレイプの追認をしました。

c71.hatenablog.com

c71.hatenablog.com

c71が @psychi に「どこまでやったら許すんですか」「もし、謝ってきたら許すんですか」「強いですね」と個人攻撃されているのを、見過ごしました。@psychi を殴って彼女を連れて立ち去るのが筋でした。実際には、ぼくは何もせず、彼女が席を立ち、彼女だけが悪者になりました。

レイプした人間が謝ったぐらいで許されるのなら世界中の男はレイプし放題です。ぼくは「謝って許されるものではない」と言いましたが、この時点で席を立つべきでした。

みんな勘違いしていますが、彼女は強くありません。ブログを読めばわかりますが体は小さいころから今までずっと弱いしすぐ体力が切れて寝込むし、安定しない気分と連動してすぐに体調が悪くなります。だいたい強かったとしても、個人攻撃してよい理由にはなりません。

彼女の友人の誕生会を祝おうと、体の不調をおして遠くからやってきたのですが、散々な目にあいました。c71が被害を訴えても「@psychiにも事情があるから」と被害者の気持ちを踏みにじられました。

彼女はいつも一人で闘ってきました。彼女に向けられるあらゆる偏見、誹謗中傷、無責任なたしなめや意見、「心配」という名のもとのコントロール、どれもこれも一人で背負って、蕁麻疹や高熱を頻繁に出して潰れそうに壊れそうになりながら、ギリギリのところで今まで奇跡的に死なずに生きてきました。

ぼくは「c71を個人として尊重する、何でもやりたいようにしてほしい」という信念を持っていましたが、これは決して「c71の行動の責任を彼女一人に負わせる」という意味ではありません。しかし、ぼくは彼女の行動を見守りこそすれ、「c71が辛い思いをしないようにする」ことにあまりにも無頓着でした。ただ、傍観しているだけでした。彼女は以前と変わらず世界に一人ぼっちのままでした。

c71はぼくと「家族になりたい」と言ってくれました。ぼくは今日、家族を守れませんでした。家族を一人ぼっちにして、孤独に、闘わせて、セカンドレイプさせて、心を死なせました。ぼくは、元配偶者の窃盗についての弁護士への相談に立ち会ってもらい、先日も元配偶者の嫌がらせへの対応をしてもらったりと、これ以上なく彼女に守られてきたというのに。

どれだけ彼女に謝ったって慰めたって、一人で闘わせているのでは欺瞞です。上官が兵士にお前頑張って死んで来いって言うのと同じです。あなたは一人ぼっちではないのだといくら言っても行動が伴わなければ空虚だし絵空事です。二人で闘います。

 

彼女の魂を殺した路傍ヒューズと@psychiは死ねばいいのに。

 

twitter.com

路傍ヒューズの手口: ポリアモリーと浮気性

路傍ヒューズの手口: ポリアモリーと浮気性

 

石井祐希くん内定おめでとう

http://www.wiz.ac.jp/blog/blog/archives/2728/