読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

CDレビュー: Ametsub - Linear Cryptics (2006)

★★★★★

 

久しぶりにエレクトロニカを聞きました。Ametsub(あめつぶ?本名不明)は日本人アーティストです。

神経症が転じてα波を出す?

エレクトロニカは電子音を多用するその構造上、没交渉で神経症的で耳障りになりやすい音楽です。Aメロ、サビなどに分かれているわけでもなく、歌詞も全くありませんし、メロディーすらないことが多いです。私はエレクトロニカは好きです。大きな感動を覚えることは少ないのですが、その捻くれた音楽性に肩入れしているのかもしれません。

彼?の作品は一度通して聴いたことがありました。音の作り方、積み重ね方が自分の固有振動数か何かと合うのか、とても気に入ったことだけ覚えていました。あれから数年経っているので、どれだけ印象が変わったか興味があり再度ファーストアルバムを聞いてみたら、やっぱり優れた作品でした。印象は以前よりもよくなりました。

特徴は、強烈なコラージュと執拗な繰り返し、あちこちに散らばった孤独な電子音の集合体です。なのになぜか気持ちが落ち着きます。一体どのような作用によるのか未だによくわかりません。

 

前回一番衝撃を受けた3曲目です。繰り返してるだけなんですが。

www.youtube.com

 

以前あまり気にならなかった曲10曲目Green Oeuvreが一番腹にこたえました。表面上目立つ鍵盤楽器の空間的広がりも特徴的ですが、右と左と時々中央でブチブチブツブツヘロヘロ言わせてる電子音にとんでもない寂寥感を抱くのです。

www.youtube.com

 

このほかサインカーブの切なさが炸裂する7曲目2 Catsや、3曲目とセットになっている16分ぶつ切り回転寿司な2曲目Lurid Sky And Tama Streamもおすすめです。

 

 

 

電子音楽の他のCDレビューはこちらです。

rokujo.hatenadiary.com