読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

CDレビュー: Great Pianists of the 20th Century Vol.8 - Wilhelm Backhaus(CD2)

★★★★★

2枚目はベートーヴェンピアノソナタ25番とシューベルトシューマン・リスト・ショパンブラームスからちょっとした曲を弾いた後に、メインのブラームスピアノ協奏曲2番という構成でした。1枚目もそうでしたがしょっちゅう拍手が入ります。ライブ版のようです。

ブラームスのピアノ協奏曲2番が見事

ベートーベン25番は小粒で演奏は面白いけれどあっさり終わってしまいます。他の小曲はリストの「ウィーンの夜会(シューベルトの「ワルツ・カプリス」)」という曲がダイナミックで楽しいですね。

真打はブラームスのピアノ協奏曲2番。クソ真面目という形容がぴったりです。この曲に限らず、ブラームスベートーヴェンとも違う波動を帯びた気持ちいいダサさを感じさせる私好みの作曲家です。1952年録音、もちろんモノラルという技術上のハンデがあるにもかかわらず力強い演奏を聞かせてくれます。

この曲の萌えポイントは第一楽章の2回現れるダサカッチョいいソロゾーンでしょう。当CDと全く同じ音源の動画を見つけました。6:50~と13:48~です。


ブラームス ピアノ協奏曲第2番第1楽章 Brahms Piano Concerto No.2 - 1 ...

 

何回聴いてもここが大好きです。ブラームスモエモエ

(Tracklist)

Ludwig van Beethoven:

1. Piano Sonata In G, Op.79: 1. Presto alla tedesca
2. Piano Sonata In G, Op.79: 2. Andante
3. Piano Sonata In G, Op.79: 3. Vivace

Franz Schubert:
4. Impromptu In E Flat, D.899 No.2: Allegro molto moderato

Robert Schumann:
5. Fantasiestucke, Op.12: No. 3: Warum?

Franz Liszt:
6. Soirees de Vienne: Valse-Caprice No.6, S.427 (After Schubert)

Frederic Chopin:
7. Etude In F Minor, Op.25 No.2

Johannes Brahms:
8. Klavierstucke, Op.119: No.3: Intermezzo In C
9. Piano Concerto No. 2 In B Flat, Op.83: 1. Allegro non troppo
10. Piano Concerto No. 2 In B Flat, Op.83: 2. Allegro appassionato
11. Piano Concerto No. 2 In B Flat, Op.83: 3. Andante - Piu adagio
12. Piano Concerto No. 2 In B Flat, Op.83: 4. Allegretto grazioso - Un poco piu presto

 

 

 

 

クラシックの他のCDレビューはこちらです。

rokujo.hatenadiary.com