六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

大負け


ちょっとうれしい - diary 六帖
この記事から2週間ちょいで、地獄のようなポートフォリオに転落した。なんと13.9%→5.6%までのすさまじい下げに。全般的に下がっているが、特にBS11の下げ幅が大きい。なお、4/14から今までに出た要素といえば順調な決算だけだ。なぜ売られているのか全く分からない。
今日FPGが倒産した江守グループを上回る暴落をしているが、あれは超にもう一つ超がつくくらいの絶好調を期待して、その80%くらいの期待値の決算が出たから2割下がったらしい。純利益前期比4倍、2Qにして進捗率77.5%で暴落っていったいどれだけ期待されていたんだ。正に夢のような銘柄、期待値もバブル。投資家は上方修正が当たり前なのに上方修正しなかったからだと言う。下げは当たり前と見て持ち続ける剛の者も多数存在するが、私にはまだ全然わからない。
BS11はこことは質が違うと考えている。地味だが堅実な成長を5年続けてくれればそれでいい。それを期待して、2倍の買い増しをした。もしこの株が2年後に大きく伸びていたら、私は今後ファンダメンタル分析・ビジネスモデル分析に賭ける。2年経っても何の音沙汰もなければ、また考える。
なお武田、ペパボは両方とも今日上がった。武田は3200億の和解金といえども、1兆8000億円の利益余剰金から払えちゃう。現金だって7800億円ある。大企業パワーすごい。資金が億を超えたらこういう銘柄でディフェンシブにいくとよいのだろう。そしてペパボを買える絶好のタイミングは決算前だったということになる。後付で何を言っても仕方ないが、この銘柄は何回も機会を逸していてとても悔しい。

広告を非表示にする