六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

Faust - Faust IV(1973)


★★★★★( ゚д゚ )彡
斜め上ロックチャンピオンの4枚目。またもジャンル分け、分類を拒む曲たち。執拗な繰り返しと意外性、期待を絶対に裏切ってやるという執念、でも曲として破綻していない上にエネルギーも感じられるという不思議な40数分間だった。ギターは(意図的に)コピー用紙みたいな音だし、ドラムも上手いわけじゃないのに、なぜか引き込まれてしまう。4曲目で下痢みたいなシンセもあるが悪くない。特に1曲目Krautrockの塊のようなサウンド、3曲目Jenifferや8曲目It's a bit of Painの意味不明ギター、5曲目Picnic on a Frozen Riverのイントロと激しく乖離してずっこける歌部分と後半、はすさまじいものがある。過去の3作品と比べると、尖鋭性と演奏感が程よく合わさっているこのアルバムが個人的にはベストか。

広告を非表示にする