読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六帖のかたすみ

DVを受けていた男性。家を脱出して二周目の人生を生きています。自閉症スペクトラム(受動型)です。http://rokujo.org/ に引っ越しました。

<ジャズ>

CDレビュー: Jaga Jazzist - Stix(2003)

★★★☆☆ ノルウェー発前衛ジャズ集団Jaga Jazzistの3枚目のアルバムです。前2枚よりもエレクトロな方向に流れており、特に2-3曲目なんかまるで音ゲー風味です。ビートをきつくしすぎたのでジャズ的要素がかなり薄められてしまい、かといって即興的要素が豊富な…

CDレビュー: Sonny Rollins - Way Out West(1957)

★★★★★ ジャズの100枚。シリーズの25枚目です。 Sonny Rollins - Saxophone Colossus(1956) - 六帖のかたすみ に引き続き2回目の登場。あれ、音が全然違うぞ。。?全体を通して柔らかくて気持ちの落ちつく演奏が続きます。燃える曲はありませんが、疲れたとき…

CDレビュー: Jaga Jazzist - A Livingroom Hush(2002)

★★★★★ 先端ジャズ集団Jaga Jazzistの2ndアルバムです。器楽ジャズをベースとして前半はポップ寄りの構成、表参道明治神宮前系のオサレサウンドをミックスした曲が中心です。ラフォーレとかフランフランとかでかかってそう。 中盤からエレクトロやドラムンベ…

CDレビュー: Sarah Vaughan - Crazy And Mixed Up (1983)

★★★★☆ ジャズの100枚。シリーズ24枚目です。邦題は『枯葉』。 くんせいジャズ サラ・ヴォーン(1924-1990)はアメリカ出身のジャズヴォーカリストです。煙焼けしたハスキーボイスが特徴ですが予想通りヘビースモーカーで、死因は肺がんでした。 33分ちょいと短…

CDレビュー: Jaga Jazzist – Jævla Jazzist Grete Stitz(1996)

Jaga Jazzist - Jævla Jazzist Grete Stitz (CD) at Discogs ★★★★☆ 現代ジャズ枠はノルウェーの前衛ジャズ音楽集団ジャガ・ジャジスト(ノルウェー読みではヤガ・ヤジスト)を聴くことにしました。仕事中にネットラジオなどを聴いてモチベーションを高めてい…

CDレビュー: Eric Dolphy - Eric Dolphy Live at the Five Spot 1(1961)

★★★★★ ジャズの100枚。シリーズの23枚目。サックス奏者エリック・ドルフィー(1928-1964)のアルバムです。。早死にすぎ バスクラやフルートも吹けるそうですよ多彩ですね。 1曲目のFire Waltzで左側から流れてくるソロサックスはジャズ聴き始めて日が全然無い…

CDレビュー: Paul Motian Trio - One Time Out (1989)

★★★☆☆ ジャズドラマーPaul MotianのComplete Remasteredシリーズ5枚目です。6枚目はEnrico Pieranunziさんのボックスとかぶっているので実質最終アルバムとなりました。 混沌としすぎ 本アルバムもかなりフリーに偏ったジャズです。1曲目One Time Outからし…

CDレビュー: The Bill Evans Trio - Moon Beams (1962)

★★★★☆ ジャズの100枚シリーズの22枚目、3回目?の登場となるピアニスト、ビル・エヴァンスのアルバムです。偶然にもドラムを叩いてるのがいま他のボックスセットを聴いてるポール・モチアンでした。 超瞑想エヴァンスZ ほぼ全曲がしっとり静かな曲で構成され…

CDレビュー: Paul Bley with Paul Motian - Notes (1987)

★★★★☆ ジャズドラマーPaul Motianのボックスセット、Complete Remastered Recordings シリーズの4枚目です。 こんな風に年を取りたい まずジャケットがいいですよね。これ書いた人絵のセンスあるなぁ。すてきすぎる。 コンビを組んでいるPaul Bleyはジャズピ…

CDレビュー: John Coltrane - Soultrane (1956)

★★★★☆ ジャズの100枚シリーズ21枚目。テナーサックス奏者ジョン・コルトレーン(1926-1967)の作品です。 まったりのようでいて激しかった 1曲目Good Baitは非常にゆったりとした曲調ですが中盤にわけわかめのアドリブを混ぜてきて油断がなりません。音は今ま…

CDレビュー: Paul Motian Quintet - Misterioso (1987)

★★★★★ ドラマーPaul MotianのComplete Remasteredシリーズ、3枚目です。 ぼやぼやフリーダム 1曲目Misteriosoのインパクトがまたも強いです。ぼんやりぼやぼやしているようで何か狂っています。2曲目Abacusも気持ち悪い。ボックス2枚目のJack Of Clubsにも参…

CDレビュー: Ray Bryant - Ray Bryant Trio (1957)

★★★☆☆ ジャズの100枚。シリーズもようやく20枚目となりました。レイ・ブライアント(1931-2011)はアメリカのジャズピアニスト・作曲家です。ジャズメンとしては珍しく長生きですね。 良くも悪くもクセのない演奏 バラードからアップテンポ、ピアノソロと一通…

CDレビュー: Paul Motian - Jack Of Clubs(1985)

★★★★★ ジャズドラマーPaul MotianのComplete Remasteredシリーズの2枚目です。 ピアノなしで自由度の高い作品、ギターが独自の世界を作る 1曲目Jack Of Clubsからいきなりフリーダム!モチアンさんはこの手の曲を好むのでしょうか。ドラマーにしては珍しく、…

CDレビュー: Thelonious Monk - Brilliant Corners (1957)

★★★★★ ジャズの100枚。 の19枚目です。セロニアス・モンクのアルバムは2枚目。 モンクのピアノに合わせて周りもエキセントリックに。。 彼のピアノはとっても癖があり、堅めの音と時々鳥や動物の鳴き声のような逸脱の即興を混ぜるスタイルが特徴です。この印…

CDレビュー: Enrico Pieranunzi - Seaward (1995)

★★★★★(TωT) ピエラヌンツィさんのComplete Remasteredシリーズで聴き忘れがあったので、聴きました。次のボックスの5枚目です。 胸を切り裂くピアノ 切ない!切なすぎます!これを聴き忘れてたなんてもったいない!心に傷が無くても傷を負い、傷があればカサ…

CDレビュー: Wes Montgomery - The Incredible Jazz Guiter of Wes Montgomery (1960)

★★★★☆ ジャズの100枚。の18枚目です。ウエス・モンゴメリーはすでに1枚聞いてますね。 Wes Montgomery - Full House(1962) - 六帖のかたすみrokujo.hatenadiary.com スロー曲中心の超スタンダードアルバム 1曲目を除いてゆっくり目の曲が連続します。スタン…

CDレビュー: Paul Motian - The Story Of Maryam(1984)

★★★★★ Complete Remasteredシリーズです。このボックスを聴くのは3回目です。安く過去の名盤がリマスター込みで手に入るのはとてもうれしいです。今回は、ドラマーのPaul Motian(1931-2011)のボックスを聴いていきます。手に入れてから気が付きましたが6枚目…

CDレビュー: Hampton Hawes - Trio Vol.1 (1955)

★★☆☆☆ ジャズの100枚。の17枚目です。 ハンプトン・ホーズ(1928-1977)はアフリカ系アメリカ人のジャズピアニストです。例に漏れずドラッグ中毒であり、早死にです。 こんなこと言うとジャズ好きの方に怒られると思いますが、全く良さが分かりません。雑です…

CDレビュー: Dave Weckl Acoustic Band - Of the Same Mind (2015)

★★★★★(๑˃̵ᴗ˂̵)و Dave Wecklさんはアメリカのジャズドラマーです。昔はチック・コリアのバンドで有名だったらしいですが、私は彼がソロになってからのアルバムしかまだ聞いたことがありません。この人の演奏は異常に手数が多い上に正確で安定していて好きでし…

CDレビュー: Miles Davis - Relaxin'(1956)

★★★★☆ ジャズの100枚シリーズ16枚目。不動の名作だそうです。マイルス氏は息を大量に使った入魂のトランペット音を出しているアルバムが多いですが、この作品はタイトル通り肩の力が抜けている珍しい演奏です。 1曲目 If I Were Bell が特に優れていると感じ…

CDレビュー: ai kuwabara trio propject - Love Theme(2015)

★★★★★ 桑原あいさんは1991年生まれ、ヤマハエレクトーンのコースから中学校時にピアノに転向、洗足のジャズピアノ専攻からデビュー。顔が地味。このアルバムは4枚目だそうだ。 桑原あい (ジャズピアニスト) プロフィール / biography - Ai, KUWABARA (jazz p…

Anthony Braxton - Composition No.173 (1994)

★★★★★✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌ Amazon.co.jp: Anthony Braxton : Complete Remastered Recordings - 音楽 このボックスもとうとう8枚目。散々訳わからん曲を聴かされたが最後の最後でとんでもないアルバムが収録されていた。ダントツの最高傑作だ。 ジャ…

Joe Pass - Virtuoso (1973)

★★★★★ ジョー・パスはアメリカのジャズギタリスト。録音がいいのか彼の演奏が上手だからなのか、目の前に演奏者がいるような迫力のある音がする。ギターの細かいことは知らないが1曲目のNight And Dayでぶったまげた。ギターってこんないい音したっけ!?一…

Anthony Braxton With The Northwest Creative Orchestra - Eugene (1989)

★★★★★ 即興演奏サックス奏者アンソニー・ブラクストンのボックス Amazon.co.jp: Anthony Braxton : Complete Remastered Recordings の7枚目で、8曲79分にわたるライブ版。どの曲も "Composition No. 112" のように意味のないタイトルが付けられていて、見た…

Shelly Manne & His Friends - My Fair Lady (1956)

★★★★★ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧ アメリカっぽさが臓に染み渡るようなアルバム。映画は見たことないけれど、1曲目のウォーキングベースとドラムのノリっぷりを聞けば誰もが上機嫌になれるはず。7曲目With A Little Bit Of Luckは泣けるピアノ大炸裂だし、ラストの I Coul…

Anthony Braxton ‎– 4 (Ensemble) Compositions (1993)

★★☆☆☆ 無理でした。最強に意味不明で、何の感情も引き出すことができませんでした。

Dizzy Gillespie, Charlie Parker and other - Concert in Toronto (2010)

★★★★☆ Amazon.com: The Quintet: Jazz At Massey Hall (OJC): Music ↑の完全版。ライブ版で音がとてつもなく悪いのが欠点。巨匠が5人も揃っているが個人的には↑に収録されている6曲が終わった後、サックスとトランペットが抜けてトリオでの演奏となるEmbrace…

Anthony Braxton - Six Monk's Compositions (1987)

★★★★★ 相変わらずインプロでピロピロしまくってるけれど、このアルバムはベース、ピアノ、ドラムとフルで稼働しているため、彼のピロピロがうまく吸収され、絶妙な味付けに昇華されている。ラーメンで例えると、もやしがタワーになっていて見た目迫力がある…

Kenny Dorham - Quiet Kenny(1959)

★★★★★ 1曲目のイントロがすごい!!ベースのPaul Chambersさんの技が光る、かっちょいいーー。イメージとしては、川崎の港沿いのうらびれたスナック街。いい意味で気が抜けているトランペットの音のせいだ。続く2曲目My Idealも悶絶するほどあったかい名曲。…

Anthony Braxton - Six Compositions (1984)

★★★★★ 強烈インプロ管楽器吹き、アンソニー・ブラクストン。ボックスの3枚目もはっちゃけていて、特にピアノの練習のようなスケールに乗せてめちゃくちゃする1曲目の印象が強い。3曲目もテンポの激しい振りが効いていて、演奏が大変だがみな楽しんでやってい…

Modern Jazz Quartet - Django (1956)

★★★★★(๑˃̵ᴗ˂̵)و ジャズの100枚、ようやく10枚目。MJQの代表作、有名すぎるアルバム。ビブラフォンが特徴的なこのバンドのサウンドはとにかく可愛い!可愛すぎる!ドラム、ベース、ピアノ、みんなお菓子みたいに音に聞こえる。ジャズ界きっての萌え萌えサウン…

Anthony Braxton - Four Compositions (Quartet 1983) (1983)

★★★☆☆ 超フリーダムジャズ。好き勝手に演奏しているようにしか聞こえない。わけわかりません。まともにメロディーがついてるのは4曲目だけ。2曲目のようにドラムが入らないと形にすらならない。演奏は上手いし、エネルギーは十二分に伝わってくるのだけれど…

Wynton Kelly - Kelly Blue (1959)

★★★★★ლ(ಠ_ಠ ლ) これはかっちょいいー!特にイントロ!どの曲も始まった瞬間にビビッとくるクールな始まり方をするので、彼らの世界に飲み込まれること間違いなし!フルートがいるとアイスクリームにミントを混ぜたような感じがして、涼しい。Keep It Moving…

Max Roach & Anthony Braxton - Birth And Rebirth (1978)

★★★★★└('ω')┘ニャアアアアアアアアアア!!!! The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note の、サックス奏者 Anthony Braxton さんのボックスから1枚目。この人は即興でゴリゴリ吹く人らしいので、きっと苦手なタイプだろうなぁ、と思って聴き始めたら…

Miles Davis - Cookin'(1957)

★★★★★ マイルスさんは、媚びない音、カッコつけない音を出す。息をどれだけ使っているのか不思議なくらい、凝縮された音を出す。1曲目My Funny Valentineに想いを全部集めきってしまったようなアルバムで、2曲目なんかトランペットが全然出てこない。3曲目、…

PRISM - 1977 Live at Sugino Kodo (2004)

★★★★☆ 日本のフュージョンバンド、PRISM。現在もコンスタントに活動している。これはデビューライブを収録した音源だという。2枚組。 序盤の2曲がソフト過ぎて聴くのをやめようと思っていたら、3曲目Fredからギターが本気を出してきて、はっとする。1枚目1-2…

Thelonious Monk - Thelonious Himself(1957)

★★★★☆ ジャズの100枚、8枚目。セロニアス・モンクのソロピアノを中心としたアルバム。彼のピアノの音は、硬いです。やや聴くのが苦しくなるくらい。しかし昨日まで聴いていたアルゲリッチの音とは違って、彼の場合は不器用さゆえの硬さである、と感じました…

Enrico Pieranunzi Trio & Ada Montellanico - Ma L'amore No (1997)

★★★★☆ The Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note のピエラヌンツィさんのシリーズも最後の1枚になった。これはAda Montellanicoさんというヴォーカリストをフューチャーした歌ものアルバム。トリオの演奏は言うことなし。素晴らしいで…

Wes Montgomery - Full House(1962)

★★★★☆ Wes Montgomeryは1950-60年代に活躍したジャズギター奏者。ライブ版で、緊張感があるというよりは、とてもリラックスした演奏を聴くことができた。今のジャズギター奏者のお手本となるスタイルを作り上げた偉いお人だそうです。4曲目04 Blue 'n' Boogi…

Enrico Pieranunzi & Paul Motian - Flux And Change (1992)

★★★★★ ピアノとドラム2人だけのライブ・アルバム。ベースがいないので真ん中に吹き抜けができたような不思議な空間が広がる。面白い。大きく3つのセッションに分かれており、1つ目は不気味で捉えどころのない即興が中心。たまに Someday My Prince Will Come…

Miles Davis - Bag's Groove(1957)

★★★★★ ジャズ100枚の6枚目。マイルスさんは、息を超圧縮したような音が特徴です。禅トランぺッター。1音1音の後で常に多くを考えているような、そんな感じが伝わってくる珍しい演奏者だと思います。ちょっと諧謔気味のタイトルチューンでは、7分あたりからピ…

Django à la Créole & Evan Christopher - Live! (2014)

★★★★★ 2014年特集ファイナル。ギターとベースを混ぜたスウィング・ジャズが主のアルバムで、古き良きアメリカな曲が目白押し。 エバン・クリストファーはアメリカのクラリネット奏者。クラリネットは好きだ。以前、よく会社の帰りにパチンコ屋の宣伝でチンド…

Norma Winstone - Dance Without Answer(2014)

★★☆☆☆ 2014年特集11。歌モノジャズも聞いてみよう、ということで2014年の注目盤を買ってみたが、はずれだった。歌にわたし上手いでしょ感が随所にみられて、私にはだめでした。バックの演奏も沁みてこないし、どうしてかなー。ちなみにNorma Winstoneさんは…

David Virelles - Mboko (2014)

★★★★★ 2014年特集その8。David Virelles はキューバ生まれNY在住のピアニスト。キューバ、アフロなパーカッション、という取り合わせからは想像できないくらい、極寒のピアノだった。特に1,2曲目で顕著で、南国パーカッションが場違いなくらい、いい意味で冷…

Wadada Leo Smith - The Great Lakes Suites (2014)

★★★★☆ 2014年特集その5。フリージャズの生ける伝説らしい、ワダダ・レオ・スミスの新譜2枚組。フリージャズなるものは、初めて聴いた。ピアノなしのサックス・トランペット・ベース・ドラムの4人編成で、全員が適当に吹き鳴らしてるだけにしか聞こえない!一…

Enrico Pieranunzi - No Man's Land(1989)

★★★★★╭( ・ㅂ・)و ̑̑ うわーすげぇなあ。前作に引き続き大ヒットだった。まずタイトル曲No Man's Landが泣きの超名演奏で、ベースソロも素晴らしい。4曲目Blues In CはどこらへんがCなのか分からないくらい発散しているが緊張感と優れたインプロが充満した傑作…

Red Garland - Groovy(1957)

★★★★★ レビューでも言われているけれど、ジャズの教科書、というのがしっくりくるアルバム。レッド・ガーランドさんは軽快かつ、やさしいやさしい音を出す。派手さ、革新性はないが非常に聴きやすい。万人に受け入れられる音だろう。疲れたときに戻ってこれ…

Enrico Pieranunzi - Deep Down(1987)

★★★★★◝( •௰• エンリコ・ピエラヌンツィさん恐るべし。スマッシュヒットです。 リンク先ではビル・エヴァンス系のピアニストと言われているけれど、彼とはまた別系統のピアニストだと思います。彼のファンであることは間違いないけれど、静かに歌い上げるので…

Art Pepper - Art Pepper Meets the Rhythm Section(1957)

★★★★★(灬╹ω╹灬) これは素晴らしい! ジャズの100枚、の4枚目。サキソフォン奏者アート・ペッパーと、マイルス・デイヴィスのリズム隊が合流した、というアルバム。アート・ペッパーさんのサックスは、いい意味で軽い。さらさらと耳に心地よく、まとわりつく…

Enrico Pieranunzi - Isis(1981)

★★★★☆ シリーズものです。以前に聞いたEnrico Pieranunziさんの6枚セットがなんと三千円台で。 この人のピアノはほんときれい。清潔。べたべたしてない。でも歌う。時々暴走するくらい歌い上げる。Art Farmerさんのトランペットはとても変わっている。羽毛布…